とーさん日記

皆もすなるblog日記といふものを、親爺もしてみむとて、するなり。
<< September 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
PTAや父母会・・・
PTAや保育園や学童の父母会について思うのは、そこに参加する保護者の考えや思いが実にバラバラだということ。

「学校(園、クラブ)できちんとやってもらわないと困ります」としっかり要求タイプ
「子どもが世話になっているから」仕方なく「お付き合い」タイプ
「忙しくて何も出来ませんけど」ヨロシク(゜0゜)(。_。)ペコッ、タイプ
「・・・・」なしのつぶてタイプ

こうなってしまう原因は、子どもの育ちについての話など余りせずに、安全対策や行事支援などの仕事や作業など、具体的な活動の話に集中してしまうからなのではないか?

確かに、どんな子どもになって欲しいかなんて話は抽象的で雲をつかむようなところもある。「明るく元気な子」なんて言っても、それとPTA活動が直結しない。いきおい、そんな事より、昨日の不審者情報がどうの、見回りがどうのになってしまうのではないか?
そしてその見回り活動だが、負担だ!意味あるのか?警察の仕事だ。なんてネガティブな話になってしまう。結局、子ども達の育ちについての「合意」などが形成されるでもなく、あれこれ議論するから、いろんな考え、気持ちが噴出するのではないかな?
ニワトリと卵のような話。

「こどもは地域で育てる」なんて言葉があるけど、PTAの場で子ども達の現状を共通認識するでもなく、合意を形成するでもなくでは、この言葉は絵にも書かれない餅状態。

子ども達の現状は・・・個々の家庭の問題、子どもの性格の問題みたいな空気が漂う。
だから共通の課題が見出せない。見出そうとしない?
共通課題を見つけちゃうと、自分達が動かなければならないのを薄々気づいてる?
だからこそ、おっくうだし、わずらわしかったりもする。ある種の保守的な考え方だ。

殻を破るのは、ほんのちょっとのきっかけだったりするんだけどね。

  generated by feedpath Rabbit

Posted by sken
Category : PTA
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
テクノラティ
テクノラティ統合
Posted by sken
Category : ネット、パソコン
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
PTAと負担とボランティア
 PTAというと、「ボランティアだから、あまり親に負担のかからないように」っていう言葉を思い浮かべる。私の意見というより、よく耳にする、聞かされるっていう意味っス。

 これが正直すっごく自分自身のモチベーションを下げるんです。

 まず「ボランティアだから」
これって「無償労働」って意味でしょうか?
だったら有償にすれば、もっと頑張ってくれるのかなぁ?
それとも、「学校への奉仕」って意味なのかな?
「奉仕活動だけど、今さら滅私奉公の時代じゃない」って気持ちを吐露してるのかなぁ。
あるいは、「篤志」ってこと?
でもって「篤志家がすればいい活動だから」私は思いやる余裕ないし、協力もほどほど?

 「ボランティア」って自発的自主的公益的な活動や事業に参加するってことだと思うんです。有償ボランティアなる言葉があるので、単にボランティアといえば無報酬だとい点もボランティアの特徴だと思います。無報酬とは労働対価をもらわないって意味で、経費(交通費、通信費など)をもらうのは報酬ではないということです。だから、私は通信費などは経費としてPTAが負担すべきだと思うし、なんなら、交際費も認めるべきだとさえ思う。まぁ公私混同して流用とかの弊害のリスクもあるけど。

 さて、さらに私見を言えば、自発的・自主的になる理由は「参加することで、達成したい何かがある」んだと思っています。「学校をもっと良くしたい」っていう漠然としたものでも、なんでもいいんです。具体的な「○×?活動」を実施したいなんていうのなら言うこと無しですね。

 そう考えたとき、意思があって参加しようと思えば思うほど、「ボランティアだから、あまり親に負担のかからないように」って言われると、「で、あなたは何をどのようにしたいと?」と質問したくなる。

 ところが、例えば「子どもの安全が最優先だから、警察のパトロールをもっと増やして欲しい」とかいう意見が出たりする。ほほぉ、するとPTAとは陳情団のようなものなんだ。なんで、自分達に出来ることをしようとしないんだろう?
 確かに保護者がするパトロール活動はいろんな課題を持っている。
我が子を一人で留守番させてたり、我が子を一人で学区外の塾に行かせながら(パトロールのために送迎が出来ない)だったり、そもそも意味があるの?となる。これらが大きな不満であり、負担であるいう事になる。もっと柔軟に考えてやりやすくすればいいのに。

 信号が付いてない交差点があれば、設置の要望を出す。設置までは監視員を配置。恵まれた行政財政だなぁ(苦笑)あとは設置まで待つ。信号が設置されれば、要望提出の成果であり、へたすりゃ市議さんの功労話になったりする!?

 ねぇねぇ、信号機が必要って言ううぐらいなら、交通安全指導とかをさ、子ども達に対して学校(PTA主催)で実施とかしないの?

 そういう私が提案すればいい?(んー警察嫌い・苦手なんだナァ・・・冷汗)
とまぁ、どちらさんも、他力本願なわけですね。

 言いたい事は、ありがちなPTA活動は決して、ボランティア活動になっていないっていうこと。「保護者の(半強制的)義務活動」というのが現実です。だからこそ、少しでも負担(義務感)を減らそうという話になるのです。そして誰しも、(半強制的)義務は嫌うのです。これをあたかも、ボランティアな活動であるかの耳障りの良い言葉で誤魔化そうとするから、私はモチベーションが下がるし、嫌いってことになる。

  generated by feedpath Rabbit

Posted by sken
Category : PTA
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
牛肉100g 61円!
モ−びっくり!(牛だけに・・・笑)
牛丼用ってことで、恐らく切り落とし肉なんだろうけど、国産牛肉でこの値段。かみさん曰く「ちょっと色が悪いから、鮮度は落ちるかも」でも、でも牛肉で61円だもん。それも特売日とかじゃなくて、いつもこの値段らしい。さっそく今日は肉じゃがね。行徳のお肉屋さん、ローカルネタでした。
ごめん店の名前忘れた!

  generated by feedpath Rabbit

Posted by sken
Category : 雑記
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
困ったちゃん
「困ったちゃん現象」なる新語(といっても去年の)があるらしい。
Yahoo!辞書 ↓
http://dic.yahoo.co.jp/newword?ref=1&index=2006000252

> しばらくすると、彼らも学歴や肩書が必要のない場であるという状況を認識するようになるという。

で収束するなら、かわいいんじゃないかな?

ボランティアや市民活動、地域活動でほんとに困るのは、職歴やらで培った組織論とか方法論を持ち込んで、次のような考えを強く持つヒトのような気がする。
「仕事はテキパキこなす」
「頑張るぞ!っとばかりにリーダーシップを発揮」
このあたりは、団塊の世代に限らず、性格ってこともあるだろうね。

■仕事はテキパキ
事務仕事とか自分に対してなら、困ったちゃんにはならないけど、相手にも求めだすとちょっと困っちゃうかもね。要は相手のペースを考えられないって言う点が困りモノ。能率、効率、収益優先の企業活動とは違うわけです。言い方もあるだろうなぁ。例えば「期限は守って」は正論なんだけどね、角が立っちゃう言い方は×だよね。これやられちゃうと、周りは結構疲れてしまいます。

■やる気まんまん
「燃え尽き症候群」にならなきゃいいんだけどね。それと傲慢な態度とか独断専行は明らかに×。「良いことをやっているのだから、喜ばれて当然」とか「やってあげている」なんて感覚は××。リーダーシップはグイグイ引っ張って行けてればまぁ良しかもしれないけど、誰も付いてこないようじゃもともこもないし。そもそもリーダーは、メンバーの代弁者じゃなきゃ。

  generated by feedpath Rabbit

Posted by sken
Category : 雑記
0 Comments / 1 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
| 1/11PAGES | >>